スチール棚.comの商品詳細ページです

1,200種類を越える豊富なLineUp!!

軽量スチール棚の底部に取り付ける部品のメイン画像

軽量スチール棚の底部に取り付ける部品

さまざまなスチール棚(軽量棚)のベース底に取り付けるパーツ部材を紹介します。

軽量スチール棚アングルのベース(底)に取り付ける部材は?

弊社で取り扱いしている軽量スチール棚は、オープン棚パネル棚金網棚の3種類があります。
それぞれ、標準でベース(以下、底部)についている部品は、基本的に、オープン棚は「両穴ベースプレート」、パネル棚は「片穴ベースプレート」、金網棚は「両穴ベースプレート」となります。※セット内容により異なる場合があります。
上記の標準で付属する部品の他にも、オプションとして底部に取り付けができる部品があります。

底部の部品一覧

両穴ベースプレート

L型のベースプレート(安定座)部品です。両側にビス穴が開いているため、壁固定金具や床固定金具としても使用が可能です。
アングル(支柱)にはボルトナットで取り付けをおこないます。
オープン棚金網棚に標準でセットされているベースプレートとなります。

両穴ベースプレート

以下のページでも販売しております。

片穴ベースプレート

両穴ベースプレートとは異なり片側は穴が開いていません。
穴が開いていない方を、地面に設置させるように取り付けをおこないます。
アングル(支柱)には、同様にボルトナットで取り付けをおこないます。
パネル棚に標準でセットされているベースプレートとなります。

片穴ベースプレート

樹脂製ベースキャップ

L型のアングル(支柱)に取り付けができるキャップです。
樹脂製・プラスチック製で、色は黒(ブラック)のみがあります。
床面がフローリング等の場合、樹脂製ベースキャップを取り付けると傷が付きにくくなります。
以下のページで別途販売をしています。

アングル(支柱)への取り付けは、ベースキャップをたたき込む(押し込む)様に差し込んで取り付けます。

樹脂製ベースキャップ

アングルキャスター

L型のアングル(支柱)に取り付けができるキャスター、「アングルキャスター」です。
車輪部分はゴム製で、直径50mmと直径75mmサイズの2種類があります。
それぞれのサイズのキャスターには、ストッパーが付いているタイプのものと、ストッパーが付いていないタイプ(自在キャスターと呼んでいます)があります。
以下のページで別途販売をしています。

アングル(支柱)には、ボルトナットで取り付けをおこないます。

キャスター(アングルキャスター)