スチール棚.comの商品詳細ページです

1,200種類を越える豊富なLineUp!!

ホームオフィス内のスチール本棚の役割のメイン画像

ホームオフィス内のスチール本棚の役割

在宅勤務やテレワーク時代のスチール本棚の役割とは

在宅勤務やテレワークの浸透

国や自治体の推進もあってか、雇用形態のひとつとして在宅勤務やテレワークの選択肢が増えてきました。テレワークや在宅勤務は、ICTを活用して場所や時間にとらわれずに働く勤務形態です。従業員のワークライフバランスや生産性の向上、コストダウンを目的として、大手企業や地方自治体で導入が徐々に進んできているようです。

ホームオフィスの環境づくり

在宅勤務やテレワークとなると、自宅で働く、いわゆる「ホームオフィス」となるわけです。※ホームオフィスはSOHO(スモールオフィス・ホームオフィス)という用語から引用しています。ホームオフィスの環境として絶対にゆずれないことは、仕事に集中できることです。一般的な事務所ではオフィス設計の段階で開放性を求める傾向にありますが、ホームオフィスとなるとその逆です。開放性はまったく要らず、プライバシーと独立性を守ることで、仕事に集中ができるようになります。

スチール本棚(書架)の役割

そんなホームオフィスでの本や書籍そして本棚の役割は何でしょうか。
仕事の種類にもよりますが、毎日のように仕事に使う本は、なくてはならない仕事仲間です。クリエイティブな職種の場合は、いろんな種類の本が簡単に手が届くようにしなければなりません。本・書籍は仕事用の資料とみなすべきものとなるでしょう。そして仕事に集中して取り組めるように、本を収納する本棚の役割としても、「ライブラリー」性を重視したものでなくてなりません。
本棚をホームオフィスに装飾する場合も、もちろん、個人の仕事のスタイルを反映させたものを選ぶべきですが、ライブラリー性を重視するのであれば以下の点が重要になります。

  • 簡単に段の組み替えができる本棚
  • レイアウトを柔軟に変更できる組み立て式の本棚
  • 重い資料をのせても合板製の棚板のようにたわまないこと

ホームオフィスでは仕事に集中して取り組める環境が最重要なことです。そのためにもスチール本棚スチール書架)は上記の点をクリアする役割をもっています。

スチール棚の商品ジャンル一覧

ウレスジのスチール棚一覧