スチール棚.comの商品詳細ページです

スチール棚に特化した専門通販サイトです。

キャスター付きスチール棚の耐荷重についてのメイン画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャスター付きスチール棚の耐荷重について

50φや75φのアングルキャスター付きスチール棚や中軽量スチール棚・中量スチール棚のキャスターベース(移動台車)付きラックの「耐荷重」についての説明をしています。

キャスターが付く移動式のスチール棚の耐荷重

キャスターを付けて移動式となるスチール棚について、キャスターの付かない通常のスチール棚と比べ、耐荷重が少なくなります。各移動式・キャスター付きスチール棚の耐荷重は以下のとおりとなります。ここでの耐荷重はスチール棚本体の荷重を含めたものとなります。

軽量スチール棚(120kg/段)
  • 50φアングルキャスター: 120kg
  • 75φアングルキャスター: 240kg
中軽量スチール棚(200kg/段)
キャスターベース(移動台車): 512kg
中量スチール棚(300kg/段)
キャスターベース(移動台車): 512kg

50φ(直径50mm)アングルキャスターについて

50φ(直径50mm)アングルキャスターは、軽量スチール棚のL型40mm×40mmのアングル(支柱)に取り付けることができるキャスター部材となります。車輪の材質はホイルゴム製でストッパー付きとストッパー無し(自在型)の2種類があります。

ベースプレートやベースキャップの替わりに、アングルの底部の孔に包むようにボルト・ナットで取り付け、軽量スチール棚を移動式にします。

50φキャスターの耐荷重は1個あたり30kgで、スチール棚1台には4個取り付けますので、全体の耐荷重は120kgとなります。

ここでいう耐荷重は棚本体の荷重も考慮したものとなります。

たとえば「軽量オープン棚 H1800×W875×D300(mm) 棚板5枚」の自重は約21kgなので、120kgより21kgを引いた99kgが積載ができる荷重となります。

75φ(直径75mm)アングルキャスターについて

75φアングルキャスター画像

75φ(直径75mm)アングルキャスターも50φキャスターと同様に、軽量スチール棚のL型40mm×40mmのアングル(支柱)に取り付けることができるキャスター部材です。車輪の材質はホイルゴム製でストッパー付きとストッパー無し(自在型)の2種類があります。

75φキャスターの耐荷重は1個あたり60kgで、スチール棚1台には4個取り付けますので、全体の耐荷重は240kgとなります。

50φキャスターと同様の例で「軽量オープン棚 H1800×W875×D300(mm) 棚板5枚」に取り付けをおこなうと、自重は約21kgなので、240kgより21kgを引いた219kgが積載ができる荷重となります。

中軽量棚用・中量棚用キャスターベースについて

中軽量キャスターベース(移動台車)画像

キャスターベース(移動台車)は、中軽量スチール棚(200kg/段)または中量スチール棚(300kg/段)のアングル(支柱)に取り付けることができるキャスター台車部材です。車輪の材質は強化ナイロン製となります。

キャスターベースを取り付けることで、重量のある重いスチール棚を楽に移動させることができます。

キャスターベースの台荷重(スチール棚全体の最大荷重)は512kgとなります。

キャスターベースにはキャスターが既に取付済みとなっています。アングル(支柱)への取付は必要ですが、スチール棚本体への取付が容易です。

スチール棚の商品ジャンル一覧

ウレスジのスチール棚一覧